播磨中央公園とは? 施設紹介 交通アクセス イチオシ情報 年間行事予定 周辺の観光スポット みんなの写真館
ワクワク、ドキドキ、自然と遊ぼ!兵庫県立播磨中央公園“はりちゅう”
検索


フラワーゾーン
サイクルランドゾーン
子どもの森ゾーン
中央広場ゾーン
スポーツゾーン
水辺ゾーン
自然保全ゾーン
自然散策ゾーン
はりちゅう夢企画
Topへ戻る
公園へいこう!

周辺の観光スポット
播磨中央公園に来るなら、ちょっと足をのばして、ぜひ立ち寄っていただきたい観光スポットをご紹介いたします。
加古川・闘龍灘

加古川は奥丹波を源に118支流を集めて東播磨を貫流する母なる川です。中流の名勝、闘龍灘は川底いっぱいに起伏する奇岩、怪石に阻まれた激流が巨龍の躍動にも似、古人は「白波雲の如く立ち水声夥し」と評しました。
毎年5月1日には、全国に先駆けて一番早く鮎漁が解禁となることでも知られます。流水を引き、人工の滝を作り、鮎を飛ばせて仕掛けの穴へ落とし込むという筧漁「筧(かけひ)どり」は鮎の習性を利用した独特の漁法で、闘龍灘の夏の風物詩となっています。
また、毎年5月3日には「花まつり鮎まつり」が催され、鮎にちなんだイベントや多くの露店が並びます。


五峰山 光明寺

五峰山は宿尾(ふとお)・明星が辻・経(きょう)の尾・大岩・弥木揚(やきあがり)の五つの峰からなり、中でも第一の峰、宿尾は最も高い峰でここに光明寺があります。
光明寺は、推古帝2年(594年)に、天竺渡来の法道仙人の開基と伝えられる真言宗の古刹で、「播磨高野」とも呼ばれています。往時は多くの僧坊、伽藍を擁しましたが焼失し、現在は多聞院・遍照院・大慈院・花蔵院の四塔頭が残っています。


滝野温泉ぽかぽ

平成12年のオープン以来、年間20万人が訪れる人気のスポット。地下1300mから湧出する37度の温泉で「美人湯」とも呼ばれ、五峰山(ごぶさん)をイメージした「山の湯」と、闘龍灘(とうりゅうなだ)をイメージした「川の湯」があり、1週間ごとに男湯と女湯が入れかわります。
泉質/アルカリ性単純温泉で身体に刺激が少なく、入浴後は清涼感いっぱいで、肌がつるっときれいになります。美容や健康に良い“美人湯”として人気があります。
適応症/神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔症・冷え性・疲労回復・健康増進


お問い合わせ: Tel.0795-48-1126
営業時間: 10:00〜20:00 (入館は19:30まで)
休館日: 水曜 (祝日の場合は翌日)
利用料金: 大人 600円 小人300円 身体障害者300円
アクセス: 中国自動車道滝野・社ICから車で10分

お問い合わせ先:播磨中央公園管理事務所
〒679-0212 兵庫県加東郡滝野町下滝野 1275-8 / TEL.0795-48-5289 / FAX.0795-48-3316
お問い合わせ 関連リンク サイトマップ このサイトについて
(C)Copyright HARIMA CENTRAL PARK 2004.All Rignt Reserved